はじめての駅伝。

娘が、地元の駅伝に出場しました。
小学生から大人まで混合の「地区体育会対抗の部」の第一走者・小学生女子として、学校の代表で。
6年生の女子がだれも出ないので5年生に話が下りてきて、「出たい」と手を挙げたそうです。まるで経験のない長距離、地味に練習してきました。

そして、当日。
他のチームの小学生女子は、クラブなどに所属している精鋭ぞろい。
スタートのピストルの音にびっくりして、娘が後ろにのけぞっているうちに、みんなダッシュ。実力の差も相まって、18チーム中、18位の滑り出しでした。
ところが‥‥少し走ったところで沿道のおじさんが、娘のゼッケンを見て「また神宮前だ」。おじさんの意図は分かりませんが、娘は「また神宮前の第一走者が最下位だ」と言われた気がして‥‥闘争心に火が付いた!
そこから4人抜いて(おじさんアリガト!)、14位でゴール。
続く小学生男子、そして中学生や大人の方たちの走りが素晴らしく、なんと3位! これぞ駅伝! 銅メダルをもらいました。
寒いなか応援に来てくださった先生方やクラスの友だちも、とても喜んでくれてよかったよかった。私は1mも走っていないのに、あ〜疲れた。

f:id:mabekayo:20170115232537p:plain

 

*間部香代のホームページへ
*マッシュノートのサイトへ